蓮の絨毯

201608191

201608192

西浅井の湖北水鳥公園の南に広がる野池に蓮や水草が一面に茂っていました。

現在花も咲いており、緑と桃色のいろどりが広がる景観となっています。

外は相変わらず酷暑ですが、草木はそれに負けず元気な姿を見せてくれました。

まだまだ残暑厳しい日が続きますので、熱中症には十分注意してください。

夜光虫に誘われて

201606102

201606101

日差しが日に日に強くなり、夜も短くなってきました。
宵闇を縫うように飛び交うホタル姿も見られるようになり、
季節の流れを緩やかに感じることができました。

湖面の蜃気楼

160125
1601251

大気の冷えた空気と琵琶湖の温かい水温の温度差で、空気密度が狭い範囲で異なり蜃気楼が発生していると思われます。
晴れた日であればほぼ見ることができるので機会があれば琵琶湖の対岸を覗いてみてはいかがでしょうか。

大寒を過ぎて

160122

一年で最も寒くなる大寒を過ぎ、本格的な冬がやってきました。
今週末23から24日にかけて、日本上空に強い寒気が訪れ、強い冬型の気圧配置になり大荒れになる模様です。
突然の大雪に注意がいるかもしれまん。

冬の来訪者

1601081

湖北みずどりステーション南の蓮畑の池にたくさんのハクチョウが訪れていました。
それにつられてたくさんのお客さんもおられ、写真撮影でにぎわっています。
今年は雪が少なくハクチョウも驚いてるかもしれません。

浅葱斑

20150926
小浜の山の中腹にて作業中の工事現場に、珍しいチョウがひらひらと舞っていました。
羽根は白地に薄い緑のかかった浅葱色を帯びた上翅に、下翅は赤い翅枠を持っているチョウでした。

このチョウはアサギマダラというチョウで、海を渡り沖縄や、台湾などを行き来する個体もいるチョウです。
ふわふわと飛翔する姿からはとても想像がつかない距離を飛行できる不思議なチョウでした。

朝焼け

次第に一日の明るい時間が短くなり、太陽の場所も低くなってきました。
この日は気温がとても下がり、場所によっては10度に届くほど冷え切っていました。

空も赤くなり秋を感じさせる様相でした。
DSC_0470

夕霧

7月も終盤となり、夏らしい天気が続いています。
今日も夕立が降り熱せられた地表に大雨が降り注ぎました。
大気の熱で熱せられて川水が蒸気となり、川が霞んでいました。
写真 2015-07-21 18 25 36